Home受託分析など

受託分析など

  

初動調査・スクリーニング分析

原材料・製品などサンプル間の異同判定

 DIP-MSにより,サンプル間の相違を化学成分の分子量情報によって判別することで精度良く異同識別ができます.分子量情報主体のマススペクトルは,ちょうど人の指紋のように各製品・原材料固有の視認性の良い特徴的なパターンとなります.FT-IRやGC(MS)など既存分析手法では判別できなった(困難であった)サンプルも明瞭・簡便に判別できる場合があります.
  

原材料・製品の化学情報(分子量,化学組成,分子量分布など)の取得

 概ね分子量で1200程度までの化学成分について,分子量情報と検出する際のガス化挙動から評価します.GC-MSでは評価困難であった高沸点・難揮発性化合物にも対応できる分析法です.

(分析例)
  ・ポリオールエステル油の化学組成解析
  ・パラフィン油の平均分子量分布の評価 

規制対象成分などの含有状態の簡易定量分析

 原材料・製品中の特定の化学成分の含有量を簡易的に診断します.品質管理の入口で詳細分析の必要性の有無を仕分けすることで,トータルの品質管理コスト・作業の省力化に適します.1検体あたりの分析料金は測定条件・年間の取り扱い検体数などにより変動します.

(分析例)
  樹脂中臭素化難燃剤 (IEC 62321-6)     (参考分析価格:年間契約) 12,000円/検体 (税抜) 〜
  樹脂中フタル酸エステル類(IEC 62321-8)  (参考分析価格:年間契約) 18,000円/検体 (税抜) 〜
   
   ※その他の成分についても対応可能です.
    品質管理等で継続して評価・管理したいご要望にお応えします.

発生気体分析

 セラミック材料・超硬材料などの脱バインダープロセス研究,各種原材料の耐熱性・熱的挙動の評価をおこなうことができます.

TG-MS発生気体分析

 大気圧環境下(不活性ガス or 模擬大気)で昇温加熱した際のサンプルの重量変化/示差熱量変化/発生気体モニタリングを同時に行うことができます.

DIP-MS発生気体分析

 約100 Paの低真空環境下で昇温加熱した際の発生気体モニタリングを行うことができます.

装置シェアリング・計測代行

装置シェアリング

 皆様にお越しいただいて自ら測定いただく,装置のシェアリングサービスです.詳細については別途お問合せください.

(対象装置)
  DIP-IA/TOMFS(TIAS-2543T,プロトタイプ機)
  [TG-DTA]-[PI(EI)/QMS](ThermoMass Photo,リガク製)

計測代行

 データ解析・評価などは行わず,測定データ結果のみを提供します.測定データとして提供できるデータ形式/ファイル形式は分析装置などに依存します.詳細については別途お問合せください.

その他,技術開発などのサポート

公的助成金研究支援

 研究開発等の円滑な実施のお手伝いの一環として,公的助成金研究の申請書等の作成支援,開発企画・実施等に係る各種調査など, お客様のご要望に応じて不足するリソースの提供なども行っています.対象技術は質量分析に限らず,幅広く対応いたします.
 2018年度は当社がサポートした3社が新たに「ものづくり補助金事業」に採択され,事業化を目指した研究開発などに着手しています.

(申請書作成支援:採択実績)
        ものづくり補助金    その他
 2018年度   H29補正:3件     
 2017年度   H28補正:3件     新連携支援事業(METI): 1件
 2016年度   H27補正:1件
 2015年度   H26補正:4件
 2014年度   H25補正:3件

ページトップへ
Copyright (C) 2010 Kobe Material Testing Laboratory Co., Ltd.