Home講演会等案内

講演会2018

 ・JASISシンポジウム2018・日本質量分析学会コラボ企画(2018.9.5)終了しました
 ・スクリーニング分析研究懇談会・第1回講演会 (2018.9.14)終了しました
 ・スクリーニング分析研究懇談会・第2回講演会 (2019.2.1) New

スクリーニング分析研究懇談会・第2回講演会 *

講演タイトル・演者
 講演プログラムは11月末頃に公開予定です.詳細情報はスクリーニング分析研究懇談会のホームページをご確認ください.

  主催:(公社)日本分析化学会 スクリーニング分析研究懇談会(外部サイト)

期日・会場
  2019.2.1 (金) 13:00〜17:30 (受付:13:00〜13:30)
  (株)日本電子・東京事務所 (大手町)

講演会(実施済み)

スクリーニング分析研究懇談会・第1回講演会 *

講演タイトル・演者
 『サイレントチェンジと疑われる分析事例の紹介と品質管理による未然防止策』
  講演者: 嶋田 剛志(しまだ つよし)
  所属:  一般財団法人 化学研究評価機構

  主催:スクリーニング分析研究懇談会, 共催:(公社)日本分析化学会

期日・会場
  2018.9.14 (金) 10:45〜11:45
  東北大学 川内北キャンパス

  (公社)日本分析化学会 第67年会(2018.9.12-14,東北大学)の一環として行われます.
  詳細プログラムは学会ホームページ(外部サイト)を参照ください.

JASISシンポジウム2018・日本質量分析学会コラボ企画 *

 テーマ
 『日本質量分析学会と日本質量分析学会』
  主催:日本質量分析学会・JASIS企画部会,
     日本分析学会・スクリーニング分析研究懇談会
 
  (概要) JASISシンポジウムでの日本分析化学会と日本質量分析学会のコラボ企画として,両学会にも深く係る『質量分析による迅速スクリーニング技術』をキーワードに3つの技術講演が行われます.


 プログラム
  【第1部 両学会を知る】 11:00〜12:45
   ・日本分析化学会の紹介 (日本分析化学会会長 岡田哲男)
   ・日本質量分析学会の紹介 (日本質量分析学会前会長 和田芳直)
   ・両学会に参加して (産総研 津越敬寿)

  【第2部 接点を探る「迅速スクリーニング」と題して】 14:15〜16:00
   ・フタル酸エステル類検査装置の紹介 (日立ハイテクサイエンス 大川真)
   ・探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計の紹介 (島津製作所 緒方是嗣)
   ・フラグメントレスイオン化質量分析の材料評価への応用〜IAとPI〜 (産総研 津越敬寿)
   ・総合討論

 期日・会場
  2018.9.5(水) 11:00〜16:00
  幕張メッセ 国際会議場 102会議室

 参加費
  日本質量分析学会員,日本分析化学会員学会員:無料
  一般:1000円(税込)

 参加登録
  参加登録が必要です.
  詳細は日本質量分析学会ホームページを参照ください.

−スクリーニング手法による製品含有化学物質管理の効率化−

  主催:スクリーニング分析講演会実行委員会
  共催:(公社)日本分析化学会

主旨
 サプライチェーンのグローバル化・複雑化に伴い,品質管理、特に低コスト・効率的に評価できるスクリーニング分析技術の重要性が増しており,日本発のスクリーニング分析法が複数開発され,有機・無機化合物の両面で技術が充実してきています.特に有機化合物のスクリーニング分析にフォーカスして,国内外の法規制から最新の分析技術に関する動向の情報整理のための本講演会を企画しました.

期日
 2017年10月27日 (金) 13:00〜17:30

会場
 オルガノ株式会社 本社 2F 211会議室
 [〒136-8631 東京都江東区新砂1丁目2番8号],交通:地下鉄東西線 東陽町駅下車 徒歩約7分.
 アクセス

プログラム
 13:00〜13:30 受付

 13:40〜13:40 開会挨拶

 13:40〜14:30 RoHS,REACHなど法規制に関する過去・現状・未来予測 
              [東京環境経営研究所・松浦徹也]
 14:30〜15:20 加熱脱離イオン化質量分析計HM1000によるフタル酸エステル類の迅速分析
              [日立ハイテクサイエンス・大川 真]
 15:20〜15:35 休憩

 15:35〜16:25 アンビエントイオン化法 DART (Direct Analysis in Real Time) の 製品含有化合物
              の迅速分析への応用 [日本電子・田村 淳]
 16:25〜17:15 DIP/MSによる製品含有物質評価:中〜高沸点、難揮発性化合物まで 
              [産業技術総合研究所・津越敬寿]
 17:15〜17:30 閉会挨拶

参加費
 1000円(当日会場で申し受けます)

懇親会
 講演会終了後,有志で懇親会を予定しています.懇親会費は実費精算(4000〜5000円程度)となります.

定員
 60名

申込締切日
 10月24日 (火)
 席に余裕がありますので,申込連絡無しの当日参加も募集しています.

申込方法
 参加希望者は,氏名,勤務先・連絡先,懇親会参加の有無を明記のうえ,E-mailにより下記宛にお申し込み下さい.参加証は発行しませんので,直接会場にお越しください(定員締切後の申込みにつきましては後日に連絡します).

問合先・申込先
 [事務局]
 (株)神戸工業試験場 三島有二,E-mail: info@soft-ion.com

ページトップへ
Copyright (C) 2010 Kobe Material Testing Laboratory Co., Ltd.